2009年06月05日

軟水と硬水の違い

ミネラルウォーターはまず、大きく二つの種類に分けられます。

それが「軟水」「硬水」です。

イメージとしては、

軟水は味もまろやかで飲みやすく、

反対に硬水は苦味があって飲みにくく、慣れるまでに時間がかかる、

ということが挙げられます。


 ミネラルウォーターの硬度の基準となるのがミネラル分含有量です。

ミネラル分とはカルシウムやマグネシウムのことですが、

これらが多く含まれている水を「硬水」、

含有量が少ないものを「軟水」と呼びます。


 硬水を苦く感じるのは、ミネラル分を多く含んでいるからです。

気軽に飲むのであれば軟水が好まれますが、

健康維持やダイエット、

美容効果を望む方は比較的硬水を選んで飲む方が多いようです。


 私たちの体にはミネラル分が必要です。

普段の食事で補えないミネラル分をミネラルウォーターで

補おうとする人も増えてきましたね。


普段の生活(飲料、炊飯、洗顔など)で使用するなら

軟水が適しており、

スポーツ後などの栄養補給としての利用は硬水が適しています。


 ミネラルウォーターを買うときは、

硬水か軟水かを確認し(硬度の数字をチェックし)、

自分が飲みたいものを選びましょう。



「硬水」は英語でハードウォーター、

「軟水」はソフトウォーターと言います。

硬水と軟水の概念は世界共通のようですね。
posted by S(エス) at 09:08| ミネラルウォーターの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

温泉水

ミネラルウォーターの種類の中で、温泉水を紹介します。

<温泉水>

温泉水とは、その名の通り温泉に湧く水いい気分(温泉)のことです。

温泉の水にはナトリウムイオンや

各種ミネラルが豊富に含まれていますNEW


温泉といえば「美肌」揺れるハートですが、

この温泉水は飲み水よりも化粧品として広く知られています。


たとえばひらめき


南フランスのアベンヌやユリアージなど、

自然派スキンケアアイテムで有名なメーカーは

すべてこの温泉水を基に化粧品を作っています。


もちろん手(パー)


ミネラルウォーターとして販売されている温泉水もあります。

比較的大きな規模の温泉旅館いい気分(温泉)に行くと、

源泉を使ったミネラルウォーターが販売されています。

その種類は多く、日本全国の温泉地域いい気分(温泉)で見られます。


温泉水ミネラルウォーターの効能はその源泉により異なりますが、

リウマチや高血圧、冷え性、神経痛など温泉に入ったときに

期待できるのと同じ効能が謳われているようです。


硬度は低く、ほとんどが軟水なのでとても

飲みやすくグッド(上向き矢印)仕上がっています。


飲用のミネラルウォーターだけでなく、

自宅のお風呂で手軽に温泉いい気分(温泉)が楽しめる浴用温泉水も販売されています。

ほとんどが地元だけでの販売なので、

入手する場合はその温泉街に行くか、

ネットショップを利用するのが良いでしょうるんるん

ネットショップではまとめ買いで割安になることもあるのでお得です。
posted by S(エス) at 20:18| ミネラルウォーターの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。