2009年03月08日

硬水と軟水の違い

ミネラルウォーターはまず、大きく二つの種類に分けられます。

それが「軟水」「硬水」です。




イメージ眼鏡としては、

軟水は味もまろやかで飲みやすく、

反対に硬水は苦味があって飲みにくく、

慣れるまでに時間がかかる、ということが挙げられます。





ミネラルウォーターの硬度の基準となるのが

ミネラル分含有量です。

ミネラル分とはカルシウム

マグネシウムのことですが、

これらが多く含まれている水を「硬水」

含有量が少ないものを「軟水」と呼びます。






硬水を苦くあせあせ(飛び散る汗)感じるのは、ミネラル分を多く含んでいるからです。

気軽に飲むのであれば軟水が好まれますが、

健康維持やダイエット、美容効果を望む方は

比較的硬水を選んで飲む方が多いようです。

私たちの体にはぴかぴか(新しい)ミネラル分ぴかぴか(新しい)が必要です。

普段の食事で補えないミネラル分を

ミネラルウォーターで補おうとする人も増えてきましたね。





普段の生活手(パー)(飲料、炊飯、洗顔など)で使用するなら

軟水が適しており、スポーツ後などの栄養補給としての利用は

硬水が適しています。




ミネラルウォーターたらーっ(汗)を買うときは、

硬水か軟水かを確認し眼鏡(硬度の数字をチェックし)、

自分が飲みたいものを選びましょうひらめき

「硬水」は英語でハードウォーター、

「軟水」はソフトウォーターと言います。

硬水と軟水の概念は世界共通のようですねるんるん
posted by S(エス) at 10:47| ミネラルウォーターの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ミネラルウォーターの種類(区分)

ミネラルウォーターとは地下水を採水してボトリングしたものですが、

原水の種類や採水後の処理方法の違いにより、

厳密に4つの種類に定められています。


1<ナチュラルウォーター>

特定水源から採水した地下水です。
採水後に濾過、沈殿、食品衛生法で定められた加熱殺菌以外の
方法で処理することがない水です。


2<ナチュラルミネラルウォーター>

ナチュラルウォーターのうち、
地下で地層中の無機塩類が溶解したものを原水としたもの。


3<ミネラルウォーター>

ナチュラルミネラルウォーターを基に、
複数の場所から採水した水を混合したり、
人工的にミネラル分を調整するなどして品質を安定させているもの。


4<ボトルドウォーター>
原水が地下水とは限らず、
水道水などを基にミネラル調整などを行った水。


いかがでしょうか。

気軽に飲んでいたミネラルウォーター

厳密に言うとまったく過程の違う水だったんですね。

ミネラルウォーターのボトルには、

その水がどの分類に属するかが明記されているので、

気が付いたときにはチェック手(パー)してみましょう。

処理過程が多いからといって体に悪い、

ということはありませんパンチ

すべて厚生省のガイドラインに従って

処理しているものばかりですので、安心してくださいるんるん
posted by S(エス) at 08:10| ミネラルウォーターの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。